記事の詳細

東進MSGではt-PODという受講システムを用いています。t-PODとは、インターネットを通して配信されている様々な授業を個別に受講、1人1人のレベルや目標に合わせて学習を進めることが出来るシステムのことです。このシステムt-PODを利用すれば自宅でも受講することが出来ます。
確認テストや講座修了判定テストもそのまま自宅で受けることが出来るので大変便利です。

配信される映像授業にも特長があります。
東進MSGの一番の魅力は何といっても日本全国から選りすぐられた実力講師陣です。
東進MSGではそんな彼らの映像授業を全科目全レベル別に用意しています。何万人もの受験生を難解大学へ入学させてきた大学受験のプロフェッショナルたちが、必要な知識とやる気を引き出してくれます。
また、やる気さえあればどこまでも付き合ってくれるのが映像授業のいいところであり、理解に応じて授業を先取りすることも、逆に何度も繰り返し受講することもできます。
さらに東進MSGの映像授業では高速学習をすることも可能で、一般的な予備校の約3倍ものスピードで学習できます。

ただ映像授業を受講するだけではありません。毎回の受講後には確認テストを行って理解度を確認します。全範囲が終わった時には講座修了判定テストもあり、合格できなかった場合にはテストで明らかになった弱点箇所を復習し、再受験して苦手克服します。また分からない所は校舎に常駐するアドバイザースタッフがいつでも対応してくれますし、電話やファックスからバックアップサービスで気軽に質問することが出来ます。

さらに東進MSGでは定期的に東進模試を実施しています。
東進模試は実際の入試と同じレベル、同じ形式でセンター形式と記述式が毎月交互に実施され、参加人数も多いことから本番さながらの緊張感で受けることができます。また毎回受けることで学力の伸び具合や、弱点や苦手な部分、あと何点必要なのかを把握したり、今後勉強する教科の優先順位を決めたり、と勉強法の改善にも役立たせることもできます。

加えて東進MSGには生徒一人一人に担任が付き、月に2〜3回の合格指導面談が行われます。
その面談では、自分に合った勉強方法や学習方法のアドバイス、志望校合格から逆算した勉強ロードマップの作成、部活や学校での生活とも両立させた勉強スケジュールの作成などをしてくれます。また受験に対する不安や悩みを聞いてくれたり、やる気を出させてくれたりするなどのメンタル面でのサポートもしてくれます。志望校が決まっていない学生は進路相談・学部学科選び・将来の職業選択も合格指導面談で行われます。
大学進学を志す高校生なら、一度は東進MSGを見てみることをお勧めします。

東進MSG
http://www.t-msg.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る