記事の詳細

野村博之医師は医療法人原三信病院の泌尿器科副部長。平成8年に愛媛大学を卒業後、九州大学の医学博士になりました。専門分野は泌尿器科疾患全般ですが、その中でも前立腺肥大症に関する治療や尿路結石症といった症状に対する治療を得意としています。日本泌尿器科学会や日本性感染症学会といった学会にも所属しています。他にも多くの指導医、認定医といったスキルを持っていることも特徴です。

野村博之医師が在籍している原三信病院。病院の所在地は福岡市博多区にあります。市内の救急指定病院となっているとともに、人間ドック検診施設機能評価認定病院でもあります。総合病院として機能しているため、さまざまな診療科目が存在しています。開業は明治12年。黒田藩のお抱え医師であった十二代原三信がこの地で開業したことから始まります。その後、十三代目原三信が診療所をもとに私立病院を開設。当時は病床数30の小規模な泌尿器科でした。野村博之医師は泌尿器科で働いていますが、歴史的には非常に古くからあるということなのです。

野村博之医師の原三信病院内での活動は、ME機器医材管理委員会が挙げられます。ME機器とはMedical Engineeringのことを差します。医療工学機器を安全に使用するためには適正な管理が必要不可欠。こういった役職を担っているのも野村博之医師の人物像なのです。

泌尿器科の仕事内容は多岐にわたりますが、前立腺がんや膀胱がんなど、男性特有の症状を診察することも少なくありません。野村博之医師の職務内容としては、泌尿器科悪性腫瘍、いわゆるがんも含まれています。いわゆる不治の病と言われているものですが、医師としての務めであると言えます。

野村博之医師は福岡市性感染症(STD)研究会にも参加しています。例えば、エイズ問題に関して言えば、福岡市では毎年40~50人前後の感染報告が見受けられています。毎年、感染拡大しているという状況がありますが、この問題にも取り組んでいるのです。原因として考えられるのは男性同士の性的接触が最も多いようで、年代についても特に関係ないという意見が圧倒的多数です。

野村博之医師は福岡市における泌尿器科の主要な存在。性感染症やがんといった症状に対しても対応しているのです。歴史ある黒田藩お抱えの原三信病院で働いている人物なのです。性感染症は近代社会であっても起こりうる問題です。この問題を解消すべく彼のような人物がいるというのは貴重なことではないでしょうか。

野村博之

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る