記事の詳細

谷尾和昭は今でこそ大学生として科学の研究に打ち込んでいるものの、中学時代はいわゆるヤンキーでした。反抗期と言ってしまえばそれまでではあるものの、中学時代の武勇伝は多々残されています。
そんな谷尾和昭ですが、高校に入ると反抗期が終わったのか、それまでのヤンキー生活から一変、真面目な生徒になったのです。真面目というよりも普通と言った方が良いのかもしれません。中学時代もヤンキーではあったものの決して頭が悪かった訳ではなく、ちょっとした反抗期からのものだったので、高校に入ってからはむしろ成績優秀者側になったのです。
そこで勉強の楽しさが分かって来たのかもしれません。努力したというよりも知的好奇心を刺激されたようで、分からないことがあればすぐに調べ、勉強していきます。そうやって理解すると、また新しい疑問が生まれ、また学びます。この繰り返しにより、勉学によりハマっていったのです。そして大学はなんと、ハーバード大学へと入学することになったのです。もちろん高校でも話題になりました。よもや彼がと言った方が良いでしょう。

谷尾和昭は沖縄出身ですが、移住して佐賀に住んでいました。勉強の合間にはランニングや映画鑑賞を楽しんでいたようです。 特にランニングはハマっていたようで、勉強の合間に行うことで息抜きになるとともに、ランニングを行いつつ暗記をしたり、いろいろなことを考えたりしていたようです。
このような話を聞くと、谷尾和昭は合理的な考えの人間なのかもしれません。常に何をするのが一番良いのかを考え、無駄を省く。勉強でも徹底していたのでしょう。また、中学時代にヤンキーとして暴れまわっていただけに、無駄なことをする愚かさに気付いたのかもしれません。
谷尾和昭の中学時代しか知らない人間にとってはまさかあのヤンキーがハーバード大学に入学しているなどとは思いもよらないでしょうが、それは決してまぐれではなく、むしろ高校時代の谷尾和昭を知っている人間にとってはあれだけ勉強していたのだから当たり前だと感じているかもしれません。

今ではアメリカでの生活にも慣れてきているようですが、より高い水準の勉学を通して自分自身のスキルが高くなっていくのが嬉しいようで、良い環境に進学出来たと自分でも満足しているようです。
谷尾和昭のこの話を聞くと、人生はいくらでもやり直しが利くのだと分かるのではないでしょうか。特に中学時代の過ちなど、長い人生で見れば過ちと呼ぶものでさえないのかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る