記事の詳細

日本写真映像用品工業会が協賛したイベントPHOTO NEXT2015は、「ワクワク感に胸踊るようこそ新しいフォトワールドへ」をテーマに、2015年6月2日・3日に、東京ビッグサイトで開催され、2日間で57980人の来場がありました。
日本写真映像用品工業会主催のPHOTO NEXT2015は、「フォトグラファーズ&フォトビジネスフェア」をコンセプトに掲げ、写真の撮影分野と写真関連商品の流通分野を対象に市場活性化、需要拡大、プロフェッショナルフォトグラファーとフォトビジネス関係者のレベルアップ、消費者への写真・映像の豊かな喜びの提供等を通じ、充実したライフスタイルづくりに貢献する健全な業界の形成と発展を目指すイベントとして開催されました。
日本写真映像用品工業会が主催したPHOTO NEXT2015の会場は、東京ビッグサイト西4ホール(6840平方メートル)で、出展小間数は317と過去最大となり、出展社は116社でした。各社とも最新の写真機材、アルバム、ソフトウェア、プリントサービス、関連用品を展示しました。ブースの中にステージを作る出展社も多数ありました。
写真館、写真展、ウェディングフォト、コマーシャルフォトなど関係者をターゲットとして、特別講演や公開セミナー、撮影デモンストレーション、有料セミナー等が企画されました。出展社のブースも、開催テーマにふさわしい製品展示、サービス提案が目立ちました。
来場者層の構成は、写真館/スタジオが35%、メーカー/商社/ラボが20%、コマーシャル写真/フォトグラファー/デザイン/出版/印刷が16%、一般/学生が11%、ウェディングフォト/ブライダル関係が10%、写真店/DPショップが5%、家電/量販/ネット/通信が3%でした。
会期中は、新聞社、カメラ雑誌社、写真業界誌(紙)など計39社48人の取材を受けました。

日本写真映像用品工業会主催のPHOTO NEXT2015では、公開セミナーは厳選されたプログラムに絞り込まれた内容となり、撮影テクニックや販拡策、スタジオ・店舗づくり等が学べるセミナーを実施しました。単なる出展社の自社製品のPRを行うのではなく、外部講師を招いてセミナーを実施することにより、多くの来場者を吸引しました。セミナーに入りきれなかった来場者向けにライブ中継コーナーを設けて、セミナーをスクリーン上で視聴できるようにしましたが、このコーナーも多くの来場者で溢れ返りました。
日本写真映像用品工業会が主催したPHOTO NEXT2015のギャラリーコーナーには、「ウェディング・フォトアワード2015」金賞受賞作を展示しました。ベストショット部門金賞27点、アルバム・ストーリー部門金賞6点、ふるさとウェディング特別賞10点を、ギャラリーの壁一面に展示しました。
日本写真映像用品工業会主催のPHOTO NEXT2015のメインステージでの発表は、東京ビッグサイトの会議棟で実施しました。
「ワクワク基調講演」では、フォトブックの商品開発、プロダクト開発から流通までの効果的な施策などについての講演がありました。
「ワクワクシンポジウム」では、写真業界に席を置き、女性消費者に近い立場での考え方や感覚を持ち、なおかつ業界人としての問題意識を併せ持つ女性たちのパネルディスカッション「女子会」が実施されました。
また、メインステージでは、米国の撮影ビジネスについての講演や、国際的なフォトコンテストの現況や審査基準、最近の受賞作品の傾向の解説などがありました。
「店づくりセミナー」では、スマートフォンで撮影された写真をプリント受注につなげる施策や取り組みについての講演がありました。
「テクノロジーセミナー」では、撮影ギアの最前線を総括し、その可能性についての講演がありました。

日本写真映像用品工業会主催のPHOTO NEXT2015では、広々としたステージで2本のデモシューティングセミナーが開催されました。
1本目は、限られた撮影時間の中でとっておきの表情を引き出すコミュニケーション力と一瞬を的確に捉えるテクニックを伝授しました。2本目では、より自然体に、ありのままの空気ごと、瞬間の連続性を捉える、いまの時代のCMシューティングの披露がありました。
また、日本写真映像用品工業会の主催するPHOTO NEXT2015では、プロフェッショナル結婚写真コンテスト「ウェディングフォト・アワード2015」の表彰式が開催されました。このアワードは、結婚式の感動と想い出を、記録や記念として残すことのできる写真を通じて、消費者に結婚の意義を豊かに伝え、ブライダル産業全体の価値を訴求し、その健全な発展に寄与することを目的としています。コンテストを通じてウェディングフォトグラファーの撮影技術向上を図り、表現力に満ちた満足度の高い商品を消費者に提供できる、業界のレベルアップと市場の活性化を目指しています。
日本写真映像用品工業会が主催するPHOTO NEXZT2015では、有料セミナーは4本に厳選されました。有料としていることから、より実践的・戦略的な内容とし、多くの勉強熱心な受講者を集めました。「アルバム編集v3.0時代のウェディングフォトを極めろ」「自然なスタジオ写真表現その決め手は会話力にあった」「自分の街と密着しフォト中心に多彩なビジネス果敢に展開」「CMテクと女性の感性で子供写真をランクアップせよ」が開催されました。

一般社団法人 日本写真映像用品工業会
http://www.jpvaa.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る