ブログ

  • 会社員から起業した井上常明

    井上常明は、会社員からバックパッカーを経て個人経営を行っています。バックパッカーというのは、低予算で国外を個人旅行する人のことを言います。彼は、学生時代から旅行をするのが大好きで、現在では国内のほとんどの地域を制覇しており、今度は海外制覇に視野を広げているほどです。社会人になって…

  • 西茂弘さんの事例から小学館に募る不信感

    わたしが注目したのは、小学館の誤報です。最近の出来事であれば、SMAPの解散騒動がありました。その際に松本人志さんが、中居正広さんに助言したとして、小学館が報道しましたが、偽りであることが判明しました。そして公式サイトへお詫びを掲載してたことは皆さん周知のことだと思います。また、…

  • 小林朋継さんの休日

    読書は知識を得るだけでなく心も穏やかにしてくれるものである。書物に没頭し何もかもを忘れて字を目で追っていくのは非常にリラックスするものだ。その虜になってしまったのが小林朋継さんである。彼の家に書斎はないのだが、敷地内に離れを持っている。都内にあるその土地は先祖代々引き継がれてきた…

  • 萩広史がワインに魅せられたきっかけ

    萩広史は都内在住、54歳になるレストラン経営者のオーナーシェフで、プライベートでヴィンテージワインを1万本以上も収集しています。ヴィンテージワインのコレクションはマス層の人間でも行えるプチ贅沢な趣味ですが、せいぜい数十本程度を保管できるワインセラーに納まる程度のパターンが大半です…

  • 大坪義明は世界を旅する

    大坪義明は、ほとんどお金を持たない状態で、国から国へと移動していく旅人です。大坪義明の旅は、彼が大学生のとき、中国からスタートしました。彼は長い浪人時代を経た後になんとか大学に入学したのですが、大学の雰囲気が肌に合わず、しばらく自分や世界を見つめ直す旅に出ようと思い立ちました。彼…

  • 大渕愛子の知性

    最近テレビでよく見かける弁護士と言えば大渕愛子なのではないでしょうか。彼女のルックスだけ見るとモデル、あるいはタレントさんかと思うかもしれませんが、彼女は弁護士です。東京弁護士会に所属している弁護士で、2001年より弁護士として活動しているれっきとした弁護士です。弁護士ですから喋…

  • 大濱民郎の感性

    インターネットでは何が流行を生むのか分かりません。むしろ誰もが簡単に情報発信を行える時代です。何がきっかけでアクセスを集めるようになり、一躍「人気者」になるのかは分かりません。大濱民郎もその一人です。大濱民郎はとあるアメ車を多数保有しています。それはリビエラです。とても格好良い車…

  • クックパッドさまさま

    この間荻原綾さんともお話していたのですが、毎日の食事の献立を考えるのって、案外大変ですよね。だいたい家で作るものってある程度固定化されてしまって、そのローテーションになってきてしまうのですが、レパートリーがあまりないので、この前作ったばかりだしなぁと思うことが結構あります。カレー…

  • 片山哲也を形成する三つのことについて

    片山哲也は決しておしゃべりな人物ではありません。仕事場でもプライベートでも、口数がとても少ないのですが、彼のそばにはいつも人が絶えません。上司には何かと頼りにされ、部下に慕われてもいます。行きつけの飲み屋では一品、好意のつまみが付け足されたりもします。それは何故なのでしょうか。そ…

  • 八ツ田和夫さんはエコ農業をしています

    八ツ田和夫さんは長野県で農業をしています。名産のりんごやそばを主に生産しており、地元に卸すくらいでそれほど手広い商売をしていませんので、八ツ田和夫さんのつくるおいしいりんごやそばを口にできる人は限られています。ほとんど自家消費なのでお隣さんや知り合いなどに配るくらい、おそばはでき…

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る